農業サポーター養成研修【梨 小袋かけ作業】

5月16日(木)13:00-15:00  梨 小袋かけ作業
安来市内 梨農家圃場にて

梨の小袋かけ作業のサポーター研修を行いました。

講師の安松敏雄氏、島根県東部農林水産振興センター安来農業部 安来地域振興第一課 高橋利幸氏にご指導を頂き、

4名のサポーターの方にご参加頂きました。

 

集合の後、早速高橋氏に梨の袋掛けについて説明して頂きました。

まず、袋掛けをしない栽培を「無袋栽培」、袋掛けを実施する栽培を「有袋栽培」と呼ぶそうで、

今回は「有袋栽培」にあたるとのこと。

また、袋掛けの目的として「病害虫の被害の防止」「梨の果実の品質向上」「果実肥大の促進」があるとのこと。

袋掛けをしなくても栽培はできるが、より品質を向上させる等の目的であえて袋をかけるということですね。

安松氏に補足説明を頂きつつ、皆様真剣に説明を聞いて頂きました。

 

 

その後、実際の梨のサイズや袋を確認しました。

まだ小さな梨や袋をみて、皆様興味深々です。

 

 

そうしている間に、雨と風が強くなり、残念ながら実習前に研修修了となりました。

今回ご参加頂いた方々、研修が途中までとなり申し訳ありませんでした。

6月中旬以降に、大袋かけ作業の研修予定ですので、またその際に実際の作業を行って頂きたいと思います。

 

講師の方々も、ご指導ありがとうございました。

 

 

やすぎ農業サポートセンターでは登録いただいた農業サポーターさんを対象に、養成研修を行ってります。

現場での作業に不安がある方、作業内容を勉強したい方、サポーター活動にいつでも取り掛かることができるよう準備したい方、養成研修へのご参加お待ちしております!

次回の研修予定が決まりましたら、またご案内を掲載致します。

 

※サポーター登録をして頂いている方で、サポーター養成研修の案内が届いていない方がいらっしゃましたら

お手数ですがご連絡ください。

 

※サポートセンターでは農業サポーターの登録を随時受け付けております。

登録のお問い合わせ、ご質問はぜひお気軽にお電話下さい!

TEL:0854-26-4425