農業サポーター養成研修【ぶどう 摘粒作業】

6月7日(金)9:00-11:00  ぶどう 摘粒作業
足立ぶどう園にて

講師の足立昌敏氏、島根県東部農林水産振興センター安来農業部 安来地域振興第一課 高橋利幸氏にご指導を頂き、ぶどうの摘粒作業のサポーター研修を行いました。

 

前回、花穂整形を行ったぶどうが大きく育っている様子をみて、成長の早さに驚きつつ、早速高橋氏にぶどうの摘粒について説明して頂きました。

 

ぶどうの摘粒は、果粒数を減らして養水分を集中させ、果粒肥大と糖度上昇を促進したり、

房の形を整えるために行う作業とのことです。

ぶどうの果粒を落とすのはもったいないような気がしますが、必要な作業なのですね。

 

実際にぶどうの房を見ながら、足立氏と作業の確認を行います。

 

 

ただ数を減らすわけではなく、どこにどの程度残すのか、バランスはどうかなどを

考えながら摘粒していく必要があるようです。

 

 

教わった方法を実践しながら、分からない部分は質問しつつ、作業を行います。

 

 

一度作業を始めてみると、集中して次々に摘粒をすすめることができました。

黙々と行う作業が好きな方は、特に向いている作業かもしれませんね。

 

作業がひと段落した後、園内をご案内頂きました。

足立ぶどう園には、今回摘粒を行った品種以外にも様々なぶどうの品種があり、

見た目や色も明らかに違いがあるため、新鮮な驚きがありました。

 

 

今回ご参加頂いたサポーターの方、ありがとうございました。

講師の方々も、ご指導ありがとうございました。

 

 

やすぎ農業サポートセンターでは登録いただいた農業サポーターさんを対象に、養成研修を行ってります。

現場での作業に不安がある方、作業内容を勉強したい方、サポーター活動にいつでも取り掛かることができるよう準備したい方、養成研修へのご参加お待ちしております!

次回の研修予定が決まりましたら、またご案内を掲載致します。

 

※サポーター登録をして頂いている方で、サポーター養成研修の案内が届いていない方がいらっしゃましたら

お手数ですがご連絡ください。

 

※サポートセンターでは農業サポーターの登録を随時受け付けております。

登録のお問い合わせ、ご質問はぜひお気軽にお電話下さい!

TEL:0854-26-4425